トリートメント選ぶっていっつも悩んじゃう!

くせ毛はやっかい!! トリートメントは効くの?

トリートメントについては、これまでにいろいろ学んできたと思いますが、髪質によってトリートメントの使い方は変わってくるのでしょうか。
髪質にはいろいろありますが、よく聞く「くせ毛」っていったいどういうものを指しているのでしょうか。
ちょっと調べてみたいと思います。

 

くせ毛にも種類がある!?

くせ毛と聞くと、一般的に思うのが「見た目」でわかるような髪がうねったり広がった状態だと思いますが、実はくせ毛にも種類があるのです。
くせ毛には「直毛・波状毛(はじょうもう)・捻転毛(ねんてんもう)・連球毛・縮毛」の5種類があります。
直毛と縮毛はよく聞くと思うのですが、波状毛・捻転毛・連球毛は聞いたこともありません。
なので、調べてみました。
日本人の半分以上は直毛だと言われていますが、いわゆる「髪がまっすぐでストレート」「パーマがかかりにくい」といった点があげられます。
ストレートだったら「うねってるわけでもないし、くせ毛じゃない」と思われるでしょうが、直毛だとストレートヘアしか楽しめないのです。
さらさらストレートで十分という方は直毛でも問題ないのでしょうが、「パーマを楽しみたい」「いろいろなヘアスタイルをしたい」と思っている方には非常にやっかいな髪質です。
「パーマがかかりづらい」「かかってもすぐ取れてしまう」と感じる方は、直毛なのかもしれません。
次に波状毛とは、直毛同様に日本人に最も多いくせ毛のタイプだと言えます。
髪がうねっていることを言い、湿気に弱いので「雨の日は髪が広がる」「髪型が左右対称にならない」などと思う方は、波状毛なのかもしれません。
捻転毛は、文字の通り、髪の毛がねじれている状態のことを言います。
波状毛はうねっているので見てすぐわかりますが、捻転毛は髪の太さがねじれによって違うので、見分けるのは難しいかもしれませんが、手の平に乗せてみて髪の太さがバラバラだとすれば、捻転毛となります。
連球毛は、髪の表面に凹凸があってボコボコしている特徴があります。
また髪の太さもバラバラなので、捻転毛と見分けるのは難しいかもしれません。
自分の髪質を知りたい方は、一度美容院で確認してもらうのもいいかもしれませんね。
最後に縮毛は、黒人の方に多いチリチリした髪質のことを言います。

ねじれていたりうねっていたりするので、くせ毛の中でも一番やっかいな髪質になります。
こうみると髪質にも色々あるのですね。
日本人には直毛と波状毛が多いことがわかりましたが、直毛の方で「くせ毛」と認識している方は少ないのではないでしょうか。
今はくせ毛を生かしたヘアスタイルもあるので、美容師さんに相談してみるのもいいですね。

 

くせ毛はトリートメントで何とかなる?

くせ毛ってやっかいですよね。
くせ毛を生かしたヘアスタイルもいいですが、やはり一番効果的なのは縮毛矯正です。
しかし縮毛矯正は、一度してしまうと施術した部分は永久にストレートのままです。
パーマもかけられません。
それではくせ毛って、トリートメントで何とかなるのでしょうか。
くせ毛は髪の水分量が少ないので、乾燥して傷みやすいです。
この傷みを最小限にする事で、くせの出方を少なくすることができます。
そのためには、シャンプー・トリートメント・コンディショナーを上手に使って、髪の毛の健康状態を保ち、アウトバストリートメントでケアをするのが大切です。
また、くせ毛用のヘアケア用品も出ていますので、それを試してみるのもいいかもしれません。
しかしくせ毛用ヘアケア用品は割高です。
毎日使うものだから割高なのはちょっとという方は、リーズナブルなものでもきちんとした使い方をすれば健康な髪は手に入れられます。
「くせ毛だから・・・」といろいろあきらめる前に、まずは自分の髪の毛をいたわって健康にしてみて下さい。
新しいヘアスタイルに挑戦できるかもしれませんよ。